治療別の費用相場

女性

施術前と後に気を付ける事

いぼを切除する場合の費用は治療方法によって異なります。また、一般的な皮膚科での治療をうけるか、美容皮膚科や美容整形外科などの美容クリニックでうけるかによっても選択肢が変わってくるため、かかる費用も異なります。一般的な皮膚科で治療をうける場合、基本的には健康保険適用の治療が選択されます。また、一言でいぼと言ってもウイルスが原因である尋常性のものと、いわゆる老化現象のひとつであるものなど種類がありますので、全てのいぼを健康保険適用の治療で治せるわけではありません。特に老人性のいぼに関しては病的なものではないと判断され健康保険適用外となる可能性があることを覚えておいてください。具体的な費用例ですが、健康保険適用の液体窒素を用いた凍結療法の場合、1回あたりの医療費は千円程度です。凍結療法は多くの場合1度の治療では完治しないため、何度か治療を繰り返す必要があります。その他の健康保険を介さない自由診療の治療にはレーザーや注射、メスでの切開などの方法があります。レーザーは切除するものの大きさによって費用も異なりますが、相場は3ミリ程度で3千円〜5千円程度です。それ以上の大きさになると1ミリあたり約千円ずつ加算されていきます。注射の場合は5千円〜1万円、切開で約1〜3万円が相場となりますが、どのような治療方法が最適であるかは、いぼの形状や大きさによりますので医師に相談しましょう。いぼ切除の治療を美容クリニックでうける場合は気を付けなければいけないことがいくつかあります。除去治療の前に気を付けること、治療後に気を付けることを分けて見ていきましょう。まず、治療前に気を付けることですが、そのひとつがクリニック選びです。いぼやほくろの治療を掲げた美容クリニックは数多く存在しますが、その中から自分にあったクリニック・医師を選べるかどうかが治療結果を左右すると言っても過言ではありません。クリニックによって得意とする治療が違いますので、施術症例数などを参考にしていぼやほくろ切除の治療に長けたクリニックを選びましょう。治療後に気を付けることは主に施術後の生活についてです。凍結療法や電気メスを使った電気分解の場合は患部を焼いてあえて瘡蓋を作る目的があります。そのため施術後は不用意に触らないようにする、化粧品などの使用を一定期間は中止するなどの注意が大切です。その他、メスで切開する場合は皮膚に傷ができるので、跡が残らないようにするための術後テープなどで管理する必要がある場合もあります。また、施術内容によって入浴やメイク、スポーツなどの日常生活に制限が必要ないかどうか、術前にしっかり医師に確認することも大切です。

Copyright© 2019 いぼを切除して生まれ変わる!安全に美しく切除する All Rights Reserved.