気軽に受けられる

鏡を見る婦人

場所により治療法を変える

いぼを切除したい時には皮膚科や美容外科などの診療科の中から自分に合ったクリニックを選ぶことになります。その時に重要なことは治療にかかる期間を考えてクリニック選びをすることです。時間がかかってもいいので保険を使って治療をしたい時には皮膚科が最適です。液体窒素を使った治療になると一度ではいぼの切除ができません。何度も通院する必要がでてくるので自宅から近い場所にするなど通院しやすい環境にあるところを選ぶことも大切です。もしも一度で治療を完了させたいと言う希望がある時には美容外科で炭酸ガスレーザーを使って切除する方法がおすすめです。多少価格は高くなりますが、一度で治療が終わることが多いので時間を節約することができます。いぼの治療は時間がかかると言うのが昔の常識でしたが、今では一度でも切除することができるようになって人気が上がっています。それだけでなく、麻酔を使って治療を行うので痛みを最小限にして治療を受けられることも人気がある秘訣でしょう。液体窒素を用いる方法は場合によって強い痛みがあるので治療を中断する人も多かったのですが、炭酸ガスレーザーで行う時には麻酔を使用します。痛みもなく短時間で治療が終わるので、気軽に治療を受けることができます。いぼは種類によって特性が変わってきます。大きく分けるとウイルス性のものとウイルス以外の原因で発症するものがあります。原因が違うことでできやすい部位にも差がでてきますが、場所に合わせた治療法を選ぶことも大切です。足の裏などにできるものと顔など皮膚が薄い場所にできるものでは適切な治療法が変わってくるからです。液体窒素を用いた方法は皮膚が薄い部位に行うと強い痛みを感じることがあります。足の裏などは角質が厚いので液体窒素を使った治療を行っても痛みを感じにくいと言われています。完全に痛みを感じないというわけではありませんが、皮膚が薄い場所に比べると感覚が鈍いのでそこまで強い痛みになることは少ないでしょう。それに比べて顔にできているいぼは液体窒素での治療はおすすめできません。どうしても痛みが強くなりがちですし、傷跡が残りやすくなるからです。顔や首など皮膚が薄い場所にできているものは炭酸ガスレーザーを使って治療すると安全に美しく切除することができます。炭酸ガスレーザーを使った切除術は保険適用外になりますが、そこまで高価になることはないのでカウンセリングを受けた時にかかる費用を確認しておきましょう。予算オーバーの場合には分割払いが使えることもあります。

医者

保険が効くか否かの違い

いぼ切除治療には、保険が効くものと効かないものがあります。皮膚科等での治療は保険が効きますが、美容整形などでは保険が効きません。現在ではレーザー治療に人気がありますが、この場合美容整形での施術となります。

女性

治療別の費用相場

いぼの切除にかかる費用は液体窒素による治療で1回あたり千円程度です。レーザー治療の場合は大きさによって異なりますが、3ミリ程度で3〜5千円、切開の場合は数万円が相場です。入浴などの生活に制限がないか事前に相談してから治療を受けましょう。

顔に触れる女性

美容整形なら綺麗になる

美容整形外科クリニックは綺麗に仕上げる事を目的とした医療機関であり、いぼ治療だけでなく施術跡にも配慮した治療結果が得られます。レーザーが主流なので検体はとれません。病理検査を検討する場合は、切除してもらう事が必要です。

目元に触れる人

皮膚の問題の解決方法

クリニックで受けられるいぼ切除の手術は最初にカウンセリングをして、どのような治療を行うか説明を受けます。利用できる治療法は患部を凍結させる方法などがありますが、レーザーを使った処理で対応できる所もあります。

Copyright© 2019 いぼを切除して生まれ変わる!安全に美しく切除する All Rights Reserved.